竹岱亭EVENT & TOPICS

兵庫で染色、和更紗など伝統工芸の作品を創作する「竹岱亭」の最新情報をお届けします。

カテゴリ: TOPICS

紅花
黄色い色素と紅の色素を合わせ持つ不思議。
まず、黄色の染料を落とす為に水につけます。
小川が近くにあれば、袋に入れて川に入れれば、時間がたてば黄色の色素は流れます。

IMG_5181

IMG_5192


黄色の色素が落ちた花弁を水に入れ、ソーダ灰を入れます。

IMG_5195

次に登場するのが烏梅(うばい)


IMG_5197

IMG_5202

ゆっくり作用するので、数日様子をみました。

IMG_5206

花弁をこし酢酸で中和
IMG_5215

普段でしたらここで色が変わるのですが…
今回はご機嫌が悪かったのか、生地を染めてから酢酸水に入れると(右→左)やっと発色

IMG_5692

乾くと優しい色になります。
今回は播州織ガーゼを染めました!

IMG_5346

マスクの内側に。
血行促進、期待⁉︎出来たり…

IMG_5397















昨秋、上質な播州織りの産地で作られたガーゼに出会った事で、しばらくマスクに向き合っています。手作りマスクのキット、完成品等。

FullSizeRender
FullSizeRender


先月、福岡のイベントで喜んでもらえたので、
帰ってきてからもずーっと準備。先月22日にオープンされたばかりの[アイデアの小箱 ざっぱこ]に納品。
福岡でも大活躍してくれた、ローズ色の〝マスクちゃん”  も、今回も活躍中!


IMG_5341

ちょっと、こだわりのマスクになります❗️

明日のピオレ4階のお店開店、おめでとうございます!


福岡県在住のご夫婦がコロナウィルスに感染!のニュースでノックアウト状態の今回のイベント。急遽キャンセルされた出店者の方もあり、来場者数も多くはありませんでした。

実は今回は主が『風邪気味っぽいから独りで行って』と言ってくれたおかげで、独りで移動。ホテルのキャンセルも間に合い、両隣のブースの人達は、いつもにも増して親切で前向きな楽しい人達。精神的にも影響を受けずに、ひたすらお客様と楽しい時間を持てました。

ほんの一部ですが、写真お楽しみ下さい❣️


こちらは、お声かけてません。遠くから撮影させて頂きました(ごめんなさい)
IMG_5251




ちょっと解りにくいですが、お家の形になっています。
IMG_5254



真田紐の端紐を分けて頂いて販売しています。
昨年購入された方が、持ち手とバッグを繋ぐのに丈夫で良い❗️と、今年も求めて下さいました。
IMG_5255



3人で来られた訳ではありません。
お一人と2人組。
たまたまブースで盛り上がって、パチリ
IMG_5256



やっぱり、のぼり旗は強いですね〜
IMG_5257


こちらは、購入されたbagだそうです
IMG_5261
IMG_5262


隣のブースでお買い物されている時から目が点になった素敵な刺し子‼︎
思い切って声をかけて、instaも交換できました。
IMG_5266


2日続けて遊びに来て下さったお二人。
この後『駐車場迄行ったけど、心残りで戻ってきたわ』 と型染めのbagを連れて帰って下さいました💖
IMG_5268
IMG_5269


片付けて、博多駅まで行ったらこんな可愛らしい郵便ポストに出会いました。ちょっと暗かったなぁ。
IMG_5270

また来年来れるように、頑張ります。





第25回手作りフェアin九州

FullSizeRender

今回は主は工房でお留守番、単独新幹線と路線バスでマリンメッセ福岡に到着。独りでちんたらお店出し。隣の筑後流木の方が、『持ってきた机1台余ってるから、コレ使い』って…人の好意にすぐ甘える私。ちょっとレイアウト変更して、こんな感じにしました。

IMG_5238

お腹も空いたし疲れたし、奈良屋町にあるホテルの近くでお店を探そう…でも独りだし、やっぱり知らないとこは、苦手。少し歩くけど、川端商店街にあるいつものお店に行こう!

IMG_5243

数少ないお気に入りのお店。
一番腰が低いんじゃないの⁈と思わせる店長と、何を頂いても美味しいお品。1年に1度、2月に出逢える人。今回で4度目かなぁ。やっぱり味は変わっていませんでした。

IMG_5242

夢にまで見る、いかのお刺身。この後は塩焼きにしてもらいました。締めのお味噌汁は、最高❣️ あ〜心が込もってるわぁ。しっかり脳にきざみこんで、こんな品を主に提供出来るようになりたいです。さぁ、2日間頑張るぞ〜。



『どうしても、伊万里シリーズの型染めが気になります』とHPをご覧になってのお問い合わせがありました。広島県にお住まいのSさん。

京都まで染めを学びに通われていらっしゃるとの事。でも、型染めはこれから。ちくだいていのHPで伊万里の壺の写真を見て、ドキドキされたようでした。とりあえずは、実物をご覧頂きました。

なんと、糊置き初めてで、タペストリーを作って持ち帰りたい!と熱いラブコール。久しぶりの大作に、2月とは思えない暖かい空の下で糊置き開始。

IMG_5077

まずは1番大きな沈香壺の型紙。糊置きのコツをお伝えしながら、デモンストレーション。

IMG_5091
IMG_5092

さあ、挑戦して頂きましょう。

IMG_5104
IMG_5110
IMG_5112

無事に糊置きの完了。

IMG_5122

糊がが乾いたので、これから藍染めに入ります。
IMG_5127

糊がしっかり残っていますよ。

IMG_5133

さあ、ドキドキしなが、灰汁をながしていきましょう。

IMG_5134

美しく、染まりました。

IMG_5138

少し時間があったので、型紙を彫るコツも伝授しました。大好きな猫のゆずちゃん。


FullSizeRender

IMG_5142

今回はここまで。
これからは、次のお楽しみ。
盛り沢山で、お疲れ様でした。

IMG_5146

















1月に引き続き姫路のzappaさんを訪問
こんな可愛い車が止まっていました。

IMG_5054

今日のランチはビザですって!

IMG_5053

好きなビザを注文して、サラダとスープがセットになりました。

IMG_5055
IMG_5056

棉の種を撒くイベントの日程も5月5日に決まり、他にも沢山色々な案件について、盛り沢山で話し合いをしました。



詳しくはこちら↓で

今回は16枚の型紙を使用しています。

IMG_4730

最初はこんな感じから始まります。

IMG_4588


IMG_4597

乾かしながら、色を重ねて行きます。

IMG_4611
IMG_4622
IMG_4659

小判は三種類の型紙で仕上げます。

IMG_4661

1枚3000円+税で、お求め頂けます。


嬉野生涯大学学園祭等の出し物でどうしても使いたい!と言う事から鬼の面👹を作る事になり、工房に通われました。

折角なので石膏で型を作り、古文書の和紙を使って一貫張りの技法で挑戦してもらう事になりました。

IMG_4490
IMG_4488
IMG_4486
IMG_4477
IMG_4479
FullSizeRender

さいごの大切な開眼

IMG_4454
IMG_4468

無事に舞台発表にこぎつけました!

IMG_4571


刺し子ベストを作りたいと相談されて生地の配置を一緒に考えたのが、今年の4月2日でした。県立嬉野生涯大学染色クラブの生徒さんNさん。同じ町内に住んでいらっしゃるので、工房にも来られます。

手持ちの布と自身で染められた木版更紗布を配置して、刺し子デザインも一緒に相談しました。

IMG_3053

約ひと月後に、ここまで進みました。お姑さんが大切にされていた古布でしたので、お日さまに透かすと、ところどころちょっぴりほころびが確認出来ました。ほころびの部分に更紗布のきりっぱなしを乗せて補強したら、どんな風になるのかしら?…ワクワク

IMG_3419

このひと目刺し子は、「十字花刺し」です。

IMG_3420

そして約ひと月後、仕上がりました。ここからどんな風に仕上がるでしょうか。


IMG_3659

じゃ〜ん

IMG_4276
IMG_4275
IMG_4279

更紗の部分も、うまくいきました。






5月、藍染の絞りを載せました。その作品の中央の白抜き部分に、鍋島更紗の復元を染めて、蓼藍で染めた部分に刺し子の作品です。県立嬉野生涯大学の染色クラブの生徒さんのMさんの作品です。

木版で押された後の色彩も自分で決められました。その色彩に合わせて、刺し子の糸の色選びはアドバイスさせて頂きましたが、デザインも刺し子の柄もご自身ので決められる実力者です。木版更紗の部分が主役なので、刺し子の糸を色糸にして良かったと思います。

1年くらい前に新潟の池晶子さんのワークショップが金沢であるからと、4人で出掛けたメンバーのひとりでもあります。あの時、一年後にこんな作品ができるなんて、想像出来ませんでした。これから裏がついて、タペストリーになります。

IMG_4249
IMG_4248
IMG_4247
IMG_4246
IMG_4245
IMG_4244

↑このページのトップヘ