木版更紗染めの生徒さんの生地を作品に仕立てる依頼も受けます。

今回は地域の離れているお二人の生徒さんの生地でbagを製作しました。いつもご希望のヒアリングをするので、今回もご希望と生地の分量等を考慮して、デザインを考えます。


お二人とも茶系で、との事でしたから同じ生地を使い、どれだけ違う雰囲気になるかを確認したくて作業を進めました。


丸紋は角革をつけ、手毬柄はプレーン仕上げだったので、ポケット部分の量を変えてみました。


手毬柄のbagの手提げ部分には倉敷市倉敷結紐さんの真田紐を使用しています。


IMG_2343


IMG_2345


IMG_2346