ここ数年アイヌ文様の型紙を彫り進めてきました。

アイヌ文様を使った作品をいくつか紹介させて頂きます☆


大きな柄の物をそのままバックにする事や洋服のワンポイントタグとしても、存在感があります✨

IMG_1085

IMG_1077

そして、東京ドームで開催されていた東京国際キルトフェスティバルで宮谷真知子先生の作品、『アイヌ・モシリ・コタン(人々が静かに暮らす場所)』では

キルト作品のテーマになりました😊🌸


IMG_1090


アイヌ文様には魔除けの意味が含まれる文様が多く存在します。


今回、『アイヌ・モシリ・コタン(人々が静かに暮らす場所)』では中心に人々の集まりを意味した文様、その周りを囲む村々、またその周りには砦をイメージし、アイヌ文様の魔除け文様もふんだんに使われていました🌸


IMG_1091


バックや洋服に付けるとお守りがわりになって良いかもしれませんね😊✨


IMG_1086

この様に色々な作品に仕上がるのを見るのも醍醐味の一つですね🍀


ちなみに、型絵染した状態の生地がこちらです。

IMG_1088
IMG_1089

藍色の生地は藍染した上に型絵染がしてあります。宮谷真知子先生の作品に出てきた茶色の生地は柿渋で染めた後に型絵染してあります。


これらの色以外(ウコン=黄色、紅花=ピンク、クヌギ=緑)でも型絵染可能です!

多色ある事で作品の幅も広がりますね。


みなさんもアイヌ文様で何か自分だけのお守りを一つ作ってみてはいかがですか?🌸