竹岱亭EVENT & TOPICS

兵庫で染色、和更紗など伝統工芸の作品を創作する「竹岱亭」の最新情報をお届けします。

日時:平成30年11月16日(金)~18日(日)
            午前10時~午後4時
会場:コンベックス岡山大.小展示場


今回は、一藍作“猪口の語らい” クレージーキルトの展示もございます。
沢山のハンドメイドに触れて下さい。


DSC_0709


DSC_0710

日時:平成30年11月8日(木)~10日(土)
            午前10時~午後5時
会場:大阪南港ATCホール

今年はショップブースではなく、グループサークルG-3 でお目にかかります。
木版で染めた更紗布と型紙で染めた草木染の布展として、生徒さんの有志の方々の作品展をします!
楽しいワークショップも沢山計画中ですので、是非お立ち寄り下さい。

DSC_0705


DSC_0706

DSC_0711

日時:平成30年10月11日(木)~16日(火)
            午前10時~午後8時(最終日午後5時)
会場:福屋広島駅前店9階催場

今年もカープ優勝で、盛り上がっている広島に行きます。催場はカープグッズが売っている隣なので、カープの応援歌が10時間流れているのが、正直辛いです。でも、頑張ります!

姫路のm.kimono.planningさんの着物で楽しむ会の皆様が、2回目の体験にお越し下さいました。


DSC_0775_2


皆様お着物だったので、特殊なビニール袋に染液を入れてゆっくり揉む手法を用いました。折り紙のようにハンカチを折り、輪ゴム等で防染して準備しました。

DSC_0773_2


藍染に関する簡単なレクチャーもありました

DSC_0772_2



知人のFBで情報を知り女子四人旅に金沢市大野町へ
講習会に参加して作品を見て➡近江市場で食事&買い物➡日帰り贅沢旅でした

DSC_0686


DSC_0687


ちくちく風景

DSC_0677

池晶子さんと

DSC_0679


出来上がったブローチ達


FB_IMG_1537884631188


QNJ(キルトネットワークジャパン)のメンバー有志の方達12名様が名古屋駅午前8時出発、午後8時解散のスケジュールで講習会に来られました。写真の方は代表の方です。今年の春名古屋の吹上ホールのイベントで買って下さった型染の “めでたいバッグ” 持参で!!

5年前大阪の南港のイベント出展した時に『名古屋のイベントに来てください』と声をかけて頂いたのが最初のご縁です。

名古屋1

今回は工房だけで楽しむイベントで、観光無しで約4時間の滞在。既存の型紙を使用して希望者はその後彩色。出来上がった布は持ち帰り高温アイロン処理をして頂くと、即使用可能な染料をご用意しました。帰りのバスの中では作品が何になるか(キルトかバッグか…)をお話しされていたようです。


名古屋3


名古屋2


お帰りになる前の、休憩のひと時

名古屋6

皆様お疲れ様でした。途中宝塚SAで随分楽しまれたようで、何よりでした。

数年前から毎月一度お稽古に来られてるTさん
とても真面目で一途
バティックの先生ですが、木版も彫りたい!と一生懸命です

今日は自分で染めた布を貼っていく資料の容れ物の仕上げです


DSC_0652


DSC_0654


外側の布は自分で染めたろうけつ染め

DSC_0655


留めの部品は象牙です

DSC_0656


微妙な部分を木槌でたたきながら  仕上げていきます

DSC_0639


DSC_0641



美しく仕上がりました


DSC_0658


家にあった珠でかんざし作りにも挑戦
すす竹を用いた細工で3つも完成
DSC_0661

キルトフェスティバルin金沢の4日目無事に終了。お客様に教えて頂いた尾山神社に早速参拝。前田利家公と奥様のまつ様がご祭神。

DSC_0609

第三層がギヤマン張りのご神門に感激

DSC_0612


DSC_0610

香林坊大和百貨店はすぐ近くで、朝から清々しい気持ちでお仕事出来ました。…ご利益のおかげか  (ご挨拶に伺っただけでしたが) 4日間の内一番の売り上げで、本当に有り難かったです‼ 

DSC_0608


最終日、金沢で1週間過ごさせて頂いたお礼を伝えて帰りたいと思っています。

葵の模様の帯留とかんざしをペアでご注文頂く


IMG_20180719_223134


素材  帯留:象牙と純銀  透かし彫り
          かんざし:象牙  彫ってから染める


制作過程


DSC_0581
DSC_0580

独学でひと目刺子と向き合い始めて二年弱
イメージに近い手提げが完成しました

改善点はありますが、第一歩です

DSC_0572
DSC_0575


各パーツの進行形の状態です

DSC_0522


DSC_0523


DSC_0546

↑このページのトップヘ